制限状況の口コミを見るとドコモのポケットwifiは評判が悪い?

制限状況の口コミを見るとドコモのポケットwifiは評判が悪い?

■ドコモの速度制限

 

みんなはどう思っている?

 

 

 

スマホやポケットwifiでデータ通信をしていると気になるのが、
通信量オーバーによる速度制限ですよね。

 

 

ガラケー時代は、パケット通信の最初期は料金を気にして自主的に
制限することはありましたが、通信量で速度が制限されるなんて
考えもしませんでした。

 

 

ドコモでもスマホやタブレット、ポケットwifiなどでは、
通信量が上限を超えると速度制限が掛かるようになっています。
(月間制限のみで「3日1GB制限」は無くなりました)

 

 

では、実際にドコモの製品を使っている人は通信制限について
どのように思っているのでしょうか?

 

 

ヘビーユーザーを中心に、
 ・「下り最大225Mbpsでも通信制限があったら無意味」
 ・「テザリングをするとすぐに通信量が上限に達してしまう」
 ・「動画を見るなと言われてるも同然」
 ・「アップデートファイルすらダウンロード出来ない」
 ・「料金が高い上に制限があるなんて・・・」
など、やはり通信制限を「ウザい」と思っている人が多いようです。

 

 

しかし一方で、
 ・「通信量を気にせず使っているが、制限に掛かったことがない」
 ・「動画を見過ぎなけりゃ問題無い」
 ・「wifiスポットを利用すれば通信量を減らせる」
 ・「『3日1GB』の制限が無くなって使いやすくなった」
 ・「制限無しで遅いなら制限があっても速い方が良い」
など、特に通信制限を気にしていない意見も少なからず
見られました。

 

 

■なぜ制限を掛ける?

 

ユーザーのための措置

 

 

 

光回線などの固定回線では、
通信量による速度制限はほとんどありません。

 

 

スマホでも、最初期には通信制限は掛けられていませんでした。

 

 

では、なぜスマホやポケットwifiなどでは通信制限が
掛けられるようになったのでしょうか?

 

 

一つには、スマホの爆発的な普及により、ガラケー時代よりも
通信量が大幅に増えたことが挙げられます。

 

 

そのため基地局への負荷が大きくなり、
 ・速度が遅い
 ・繋がりにくい
などといった通信サービスの質が低下する危険性が高まったのです。

 

 

そこで、通信回線がパンクすることが無いように通信制限を設けた、
というわけなんです。

 

 

もちろん基地局の増設や増強を行っていますが、
通信量の増大に追いついていないのが現状です。

 

 

また、通信制限を設けることでユーザーの公平性を保つ、
という側面もあります。

 

 

お祭りなど人混みに行くと、ネットどころか電話すらまともに
出来なくなりますよね。

 

 

もっと身近なところでは、年明けの瞬間にはメールを送れない、
というのは誰しも経験があるのではないでしょうか。

 

 

このように一定の区域内で短時間に一気に通信量が増えると、
通信が出来なくなってしまうことがあります。

 

 

要するに、一部のヘビーユーザーが長時間に渡って
膨大な通信を行うことで、その他大勢のユーザーに不具合が出る
恐れがあるのです。

 

 

ネットを使いたいだけ使った人と、その影響を受けて使いたくても
使えなかった人が同じ料金では納得いきませんよね。

 

 

そういうことが無く、全員が公平に通信出来るようにするために
制限を設けているんですね。

 

 

■通信制限が無くなることはない

 

むしろもっと厳しくなる?

 

 

 

提供する側にとって制限は設けざるを得ないのは分かりましたが、
ユーザーにとっては無いに超したことはありませんよね。

 

 

とはいえ、この先通信制限は厳しくなることはあっても
無くなることはないと思われます。

 

 

現在日本でのスマホ普及率は50%前後と言われており、
勢いは鈍化したものの、今後も増えていくのは間違いありません。

 

 

それに対して、通信各社は基地局の増設増強に
注力しているとはいえ、限界があります。

 

 

基地局を増やすには場所の問題もありますし、
増設するにも維持するにもお金が掛かるのです。

 

 

通信制限は撤廃して欲しいけど、料金が今の2倍3倍になるのも
嫌じゃないですか?

 

 

また、ポケットwifiで通信量無制限が売りだったWIMAXも
「3日3GB」という制限を設けています。

 

 

さらに、光回線でもOCNが通信量の多いユーザーには速度制限を
掛けることを発表しました。

 

 

これによって、今後はモバイル回線だけでなく固定回線でも
通信制限が当たり前となる恐れが大いにあります。

 

 

電波も「限りある資源」ってことなんですね。

 

 

 

■7GB制限なのに7GB使えない!?

 

システム上の決まりです・・・

 

 

 

スマホやポケットwifiなどでは、月間通信量が7GBに
制限されていることがよくあります。

 

 

でも、実際には7GBも使えないんです。

 

 

通常は
 ・1,000B=1KB
 ・1,000KB=1MB
 ・1,000MB=1GB
という風に思っていますよね。(それすらも知らない?)

 

 

しかしコンピューターのシステム上は
 ・1,024B=1KB
 ・1,024KB=1MB
 ・1,024MB=1GB
となるのです。(詳しい説明は省きます)

 

 

なので、コンピューターのシステム上では
 ・7GB=約6.52GB
なのです。

 

 

4GBのUSBメモリーを買ってきて、パソコンに挿して容量を
確認すると約3.6GBしかないのと同じ理屈です。

 

 

「もうすぐ6GBだけどまだまだ余裕」なんて油断していたら、
急に速度制限が掛かるなんてことがあるかもしれませんよ。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら