ポケットwifiをドコモ回線の格安SIMにして大幅節約

ポケットwifiをドコモ回線の格安SIMにして大幅節約

■ポケットwifiと格安SIMを併用

 

通信費を大幅節約

 

 

 

ここ数年で爆発的に普及し、最早スマホ無しでは
生活出来ないという人も増えてきていると思います。

 

 

ガラケー時代には通話料やパケット代で、
月々の支払いに頭を悩ませていました。

 

 

スマホではそれらは定額で使い放題となったものの、月額料金は
ガラケーよりも返って高くなった人もいるのではないでしょうか。

 

 

そこで、格安SIMとポケットwifiを併用することで通信費を
大幅に節約しちゃいましょう。

 

 

スマホを格安SIMに変えるだけでも節約出来ますが、
やはり通信量の制限が気になります。

 

 

かといって、通信量の多いプランにすると格安感が
失われてしまいます。
(それでも大手よりはかなり安いですが・・・)

 

 

なので、格安SIMは通話だけに使い、
ネットなどのデータ通信にはポケットwifiを使うのです。

 

 

料金プランによって違いはありますが、
ポケットwifiをドコモで契約しても、総額で8,000円ぐらいですし、
WIMAXであれば5,000円ぐらいになります。

 

 

通信費に制限はあるものの、もっと料金の安いところもあるので、
場合によっては総額で2,000円以下に抑えることも可能です。

 

 

ただし注意しなければいけないのは、
格安SIMの多くは無料通話分が付かないということです。

 

 

なので、スマホで電話をよく掛けるという人だと
逆に料金が割高になってしまう恐れがあります。

 

 

■ポケットwifiに格安SIM

 

さらに月額料金を安く

 

 

 

格安SIMが使えるのは何もスマホだけじゃなく、
実はポケットwifiにも使うことが出来ます。

 

 

スマホもポケットwifiも格安SIMにして、
通信量をもっと節約しましょう。

 

 

この方法を使うことで、先に書いたようにスマホとポケットwifiを
合わせて月額2,000円以下に出来るんです。

 

 

とはいえ、これだけ安くしようとすると両方データ通信制限が
1GB以下(合わせても2GB以下)となり、現実的ではありません。

 

 

正直なところ、スマホはともかく1GB以下の制限が掛かった
ポケットwifiを持つ意味が筆者には分かりませんが・・・。

 

 

スマホユーザーの大半は、
1ヶ月のデータ通信量は3GB以下と言われています。

 

 

そこで3GB制限のプランであれば、
月額は2,000円以下で利用することが出来ます。

 

 

スマホとポケットwifiの両方を格安SIMにすれば、今までと
同じ様に使っていても月額を3,000円台に出来るというわけです。

 

 

大手キャリアの1/3程度ですよ、多少速度やエリアに
不利があったとしてもこれだけ安いのは魅力的ですよね。

 

 

■ポケットwifiで複数機器を使う

 

気付かぬうちに通信制限量を越える

 

 

 

スマホの場合、これまでに使った通信量を確認することは端末で
簡単に出来ます。

 

 

ところがポケットwifiとなると、専用サイトにアクセスして
IDとパスワードを入力しないと使用状況が確認出来ません。
(機種によっては端末で確認出来るものもある)

 

 

ポケットwifiでスマホだけでなくタブレットや携帯ゲーム機、
ノートパソコンなど複数機器を使う場合には通信量の管理が
煩雑になります。

 

 

なので、気付かないうちに制限を越えてしまっており、
使いたい時に高速通信が出来ないなんてことになりかねません。

 

 

そうならないように、複数機器を使うつもりなら「通信量無制限」の
プランを選んだ方が良いですよ。

 

 

ドコモ系のMVNOなら使い放題で月額2,000〜3,000円
といったサービスがあります。
(通信速度や安定感に多少問題がありますが・・・)

 

 

WIMAXでも、月額3,700円程で安定した高速通信が
使い放題です。(3日3GB制限はあります)

 

 

■格安SIMは安いだけ?

 

だけじゃないが、最安値にダマされてはいけない

 

 

 

格安SIM最大の利点は、何と言っても料金の安さですよね。

 

 

最近はTVCMも盛んになってきており、
月額1,000円以下なんて刺激的なワードが目に付きます。

 

 

とはいえあれは最安値であり、現実的な使い方では格安SIM
と言えども月額を1,000円以下に抑えることは難しいと思われます。
(キャンペーン等の割引があれば別ですが)

 

 

また、格安SIMは端末は自分で用意するなど、
基本的に端末代は全額自分で負担しないといけません。

 

 

そのため、初期費用や端末代の割賦によって月額料金が
高くなってしまいます。

 

 

さらに、ポケットwifiを扱う事業者には顧客を増やすために
高額なキャッシュバックを付けるところが多くあります。

 

 

格安SIMでは、その分月額料金を安くしているのでしょうが、
キャッシュバックが付くことはまずありません。

 

 

結果、ポケットwifiだけの料金を比べてみたら、
格安SIMは思ったほど格安じゃなかったなんてこともあるのです。

 

 

でも、安さ以外にも良いところはあり、それは大手キャリアの回線を
利用しているところならば「プラチナバンド」が使えるということです。

 

 

これは、速度は落ちるものの障害物の影響を受けにくく、
建物の中であろうが地下であろうが繋がりやすいというものです。

 

 

WIMAXもau回線を利用したものであれば「プラチナバンド」を
有していますが、利用するには別途料金が必要となります。

 

 

要するに格安SIMは料金の安さだけでなく、
大手キャリア回線の広いエリアも享受出来るってことですね。


1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら