7GBを超えたらdocomoから高額な料金請求が来る?

7GBを超えたらdocomoから高額な料金請求が来る?

■超過分には料金発生!?

 

2.2GBで150万円請求されたことも・・・

 

 

 

現在、スマホの月間通信量には上限が設けられています。

 

 

それは、ドコモなら「2GB・5GB・8GB」、
auやソフトバンクの定額プランなら「7GB」だったりします。

 

 

この上限を超えてしまうと通信速度に制限が掛かり、
ネットが存分に使えなくなってしまうのです。

 

 

スマホユーザーの約9割が月間通信量7GB未満と言われており、
上限を超えるほどに通信したことがない人も多いと思います。

 

 

なので、中には上限を超えて通信した場合には超えた分の
パケット代が発生すると勘違いしている人もいるようです。

 

 

通話料などは料金プランによって無料通話分が設定されており、
超えた分に関しては別途通話料が発生するようになっています。

 

 

なので、パケット代も同様に通信量が上限を超えた分は別途料金が
発生するんじゃないか、というわけなんですね。

 

 

質問サイトなどでは、10代女性を中心にたまにこういう趣旨の
質問をしている人が見られます。

 

 

でも、本当に上限を超えた分のパケット代が請求されると
恐ろしいことになります。

 

 

大手キャリアで定額プランにせず(し忘れた?)に2.2GB通信した
ところ、総額約150万円の請求が来たという人が実際にいるのです。

 

 

この金額を見ると、「2GB追加で2,500円」はぼったくりどころか
むしろ良心的すぎる金額に思えてきますよね・・・。

 

 

■ドコモの新料金プラン

 

ライトユーザーは高くなる!?

 

 

 

ドコモでは、「端末代実質0円」の是正勧告を受け、
料金プランが大幅に改定されました。

 

 

通話料に関しては無料通話分を廃止し、
一律「かけ放題」となっています。
(プラン名がそのものズバリ「カケホーダイ」)

 

 

また通信量を家族でシェアすることも可能となり、
より無駄なくお得に使えるようになりました。

 

 

もちろん一人でも契約できますが、これまでは「3GB」か「7GB」しか
選択肢がありませんでした。

 

 

新料金プランでは、
 ・2GB
 ・5GB
 ・8GB
から選択肢が増え、より自分に合ったプランを選べるように
なっています。

 

 

また、通信量の追加購入も以前は「2GB2,500円」でしたが、
これも「1GB1,000円」と変更されました。

 

 

さらに余った通信量を翌月に繰り越すこともでき、痒いところまで
手が届くようなプランに変わったような印象を受けます。

 

 

ところが良いことばかりではなく、人によってはこれまでよりも
料金が高くなってしまうこともあるのです。

 

 

その人とはズバリ「ライトユーザー」です。

 

 

これまでの「Xi総合プラン」では、
 ・タイプXiにねん+パケホーダイライト3GB=5,443円
    (743円)    (4,700円)
が最低料金でした。

 

 

一方新料金プランでは、
 ・カケホーダイ+データSパック(2GB)=6,200円
  (2,700円)  (3,500円)
とこれまでよりも約800円も高くなるのです。

 

 

旧プランには無料通話分が無いので、
仕事などで電話をよく掛ける人からすると安くなりますが・・・。

 

 

■「2GB」新設に隠された意味

 

恐ろしきドコモの策略・・・

 

 

 

ドコモでこれまでは選択出来ていた「3GB」を上限とするプランは、
実は多くの人にとって使い勝手の良いものでした。

 

 

ある調査によると、スマホユーザーの月間通信量平均は
「3.53GB」で、6割以上の人が3GB未満に収まっています。

 

 

そう「2GB」だとちょっと足りない、
でも「5GB」は到底使い切れないという人が多いのです。

 

 

「2GB」じゃ足りないからと言って毎月通信量を追加すると、
ただでさえ高くなった料金がさらに高くなってしまいます。

 

 

また、「2GB」だと「5GB」や「8GB」に比べて受けられる特典も
少ないんですよ。

 

 

長期利用者への優遇措置として、
月額料金が割引になる「ずっとドコモ割」というサービスがあります。

 

 

「5GB」「8GB」であれば10年以上からが対象なのに対して、
「2GB」では15年以上からとなります。

 

 

さらに、端末購入時の割引幅も「5GB」「8GB」に比べて
小さくなっています。

 

 

「2GBじゃ足りないでしょうし、割引もお得なので5GBや8GBに」
とより高いプランへ誘い込もうって魂胆じゃないんでしょうか・・・。

 

 

■自分で通信制限

 

端末の設定で使いすぎを防げる?

 

 

 

大手キャリアではメール登録などをしておくと、
利用可能通信量が1GBを切ると警告メールが送られてきます。

 

 

「もうちょっと早く知らせて欲しいけど、こまめに確認するのは面倒」
という人もいるのではないでしょうか。

 

 

実は、端末で「警告の通知」や「通信制限」の設定が出来るように
なっているんです。

 

 

「設定」から「データ使用」に進むと、「データ通信制限設定」
というような項目があります。(機種によって表現が違います)

 

 

そこにチェック入れると、
警告と通信停止のGB数を設定出来るようになります。

 

 

これで、キャリアからのメールと合わせて2度警告を受けられるので、
より計画的にスマホを使えますよ。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら