16ギガじゃ足りない?iphone6sは使い方で容量を選べ

16ギガじゃ足りない?iphone6sは使い方で容量を選べ

■iPhone買うなら容量はどれ?

 

16GB・64GB・128GB

 

 

 

Apple史上最大のヒットとなった「iPhone6」の後継として
2015年9月に発売されたのが「iPhone6s」です。

 

 

2016年内に最新機種「7」の発売が噂される中、
「6s」の売れ行きは「6」を凌ぐとも言われています。

 

 

「6s」には「6」と同様に本体容量が
 ・16GB
 ・64GB
 ・128GB
の3モデルがあります。
(現在「Appleオンラインストア」では「6」の128GBは取り扱い無し)

 

 

それぞれの価格は
 ・16GB・・・86,800円
 ・64GB・・・98,800円
 ・128GB・・・110,800円
となっています。(全て税別、SIMフリー版)

 

 

いずれにしても決して安価ではないので、出来れば買ってから
「別のモデルにしておけば」と後悔はしたくありませんよね。

 

 

そこで、自分に合った容量のiPhoneを見つけるために
 ・現在のスマホの本体容量
 ・現状の使用容量
 ・「6s」の使い方
を確認しておきましょう。

 

 

今持っているスマホの容量で足りている、むしろ有り余っている
というのであれば同じか一つ小さい容量のものでも大丈夫でしょう。

 

 

しかし、容量を確保するために色々な制限をしている、または「6s」
では使い方を変えるというのであれば、今よりも大きめのものを
選んだ方が良いかもしれません。

 

 

容量が余るのはともかく、足りない場合にはAndroidのように
SDカードで容量を増やすってことが出来ないので注意してください。

 

 

■16GBじゃ足りない!?

 

グレードアップ=保存容量増加

 

 

 

「6s」の容量を選ぶ時
 ・一番安いから(それでも十分高価ですけど・・・)
 ・これまで16GBで十分に足りていたから
などいう理由で16GBにしていませんか?

 

 

このような安易な理由で16GBを選ぶと、
容量が足りなくなる危険性が大です。

 

 

実は、「6s」ではこれまでよりも遥かに高性能なカメラが
搭載されているんです。

 

 

「6」では、
 ・外カメラ(iSightカメラ)  ・・・800万画素
 ・内カメラ(Facetimeカメラ)・・・120万画素
 ・動画              ・・・フルHD1080p
となっていました。

 

 

それが「6s」では、
 ・外カメラ・・・1200万画素
 ・内カメラ・・・500万画素
 ・動画  ・・・4K
と格段に高画質での撮影が可能となったのです。

 

 

画質が良くなれば、当然写真1枚当たり動画1分当たりの容量は
大きくなります。

 

 

なので、これまでと同じ様に使っていても容量が足りなくなってしまう
恐れがある、というわけなんですね。

 

 

折角高機能カメラが付いたのに、
そのせいで思う存分撮れなくなるというのは何とも皮肉ですよね。

 

 

■いや、16GBでも大丈夫!

 

写真や動画を思う存分撮ってもOK

 

 

 

「じゃあ、子供の写真や動画をたくさん撮るなら128GBを買うべき」
となりますよね。

 

 

ところが、16GBでも写真や動画を思う存分撮れる方法も
あるんです。

 

 

1つは、パソコンに写真や動画のデータを移して保存するという
方法です。

 

 

要するに、パソコンをiPhoneの「外部ストレージ」代わりにして
しまおうというわけです。

 

 

確かにこの方法なら写真や動画が容量を気にせず撮れますが、
そもそもパソコンが無いとどうしようもありませんよね。

 

 

また、見たいときにはいちいちパソコンを立ち上げなければ
いけませんし、外出先では見ることが出来なくなってしまいます。

 

 

そこで、iPhoneで見たい写真や動画がいつでも見られて、
かつ容量抑えるならクラウドサービスを利用するしましょう。

 

 

iPhoneのクラウドサービスと言えば「iCloud」ですよね。

 

 

しかし、iCloudのフォトライブラリは無料で利用出来る容量が
5GBしかありません。

 

 

月額料金を払えば最大1TBまで利用可能ですが、
保存するだけに料金を払うのは勿体ないような気もします。

 

 

それなら、「Googleフォト」という無料アプリを使ってみては
どうでしょうか。

 

 

iCloud同様のクラウドサービスですが、一部では
「現状これ以上の写真アプリは無い」と言われているほどのものです。

 

 

クラウドサービスなので、iPhoneはもちろんパソコンやタブレット
からも閲覧が可能となっており、しかも容量はなんと無制限!

 

 

個人情報でもある写真や動画を「預ける」んですから、提供元が
「Google」ってことも比較的安心して使うことが出来る要因ですよね。

 

 

■iPhoneにSDカードスロットが無いのは何故?

 

AndoridでもSDカード利用者からクレームが多いらしい・・・

 

 

 

iPhoneには64GBや128GBという内部容量の大きいモデルが
あるのに対して、Androidではほとんどが16GBや32GBです。

 

 

これは、AndroidのスマホにはSDカードスロットが付いており、
SDカードで容量を簡単に増やすことが出来るからなんです。

 

 

iPhoneでもSDカードが使えれば容量をどれにするか迷わずに
済むのに、と思いますよね。

 

 

ところが、スマホ業界としてはSDカードスロットを無くそうという
流れになっているそうなんです。

 

 

その理由として、SDカードを使っているAndroidユーザーからの
クレームが多いからなんだとか。

 

 

あるスマホメーカーの幹部は、SDカードを
 ・処理が遅くなる
 ・フリーズする
 ・アプリがクラッシュする
 ・データが飛ぶ
などの原因であると痛烈に批判しました。

 

 

さらに、大手SDカードメーカーの製品を名指しで「低クオリティだ」
とまで言い、斬り捨てたのです。

 

 

でも、実はこれ表向きの理由で、スマホメーカーが
SDカードスロットを無くしたいのには別の理由があるそうなんです。

 

 

それは、外部ストレージを使えなくすることで、
メーカーがより儲けられるようになるからなんです。

 

 

iPhoneを例にしてみると、「6s」には16GB・64GB・128GBとあり、
それぞれの価格には1万数千円ずつ違いがあります。

 

 

一方、SDカードは125GB5,000円程度で買うことが出来ます。

 

 

もしiPhoneにSDカードスロットが付いていたとしたら、
128GBモデルを買うでしょうか?

 

 

それなら、16GBを買って128GBのSDカードを外部ストレージ
として使えば、15,000円以上初期費用が安く済みますよね。

 

 

要するに、スマホメーカーは今後SDカードスロットを無くし、
より高く売れる大容量のスマホを売り出そうとしている
というわけなんです。(推測ですが・・・)

 

 

いずれにしても、いつの時代もどこの国でも企業は
「利益最優先、ユーザーは二の次」なんですかねぇ・・・。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら