スマホの通信量は月間7GBで足りる?それとも足りない?

スマホの通信量は月間7GBで足りる?それとも足りない?

■月間7GBじゃ足りない?

 

7GBあればこれぐらいのことは出来ます

 

 

 

月末、いつものようにスマホで動画を見ようとしたら、一向に
読み込みが終わらず再生されない、なんて経験はないでしょうか。

 

 

こうなると、
 ・スマホ自体
 ・電波状態
 ・通信障害
あたりをまずは疑います。

 

 

スマホを再起動してみたり、電波を求めて窓際に行ってみたり、
通信障害が発生していないか調べてみたり、するんですが大抵は
どれも「ハズレ」なんですよね。

 

 

そして最終的に行き着く「答え」が通信量オーバーによる
速度制限が掛かっているってことです。

 

 

過去に速度制限の経験があれば、
すぐにこちらを思い浮かべるかもしれません。

 

 

しかし、初めて速度制限を喰らった時には軽くパニックになって、
最悪クレームの電話を入れてしまうなんてこともあると思います。

 

 

最近では2GBや5GBのプランもありますが、
一般的に7GBが月間通信量の上限として知られています。

 

 

では、7GBあればスマホでどれぐらいのことが出来るんでしょうか?

 

 

大手キャリアの目安によると、
 ・サイト閲覧(ヤフートップページ)・・・約24,000回
 ・メール送受信・・・約14,000通
 ・動画視聴(中画質)・・・約30時間
 ・音楽ダウンロード・・・約1,700曲
となっています。

 

 

スマホを使う場合は、これらを複合的に使うので、
それぞれの回数や時間は実際はもっと少なくなります。

 

 

とはいえ、これだけ使えるのであれば、7GBで充分なように
思いますが・・・。

 

 

■やっぱり7GBじゃ足りない

 

キャリアの目安は盛られている?

 

 

 

そもそも、キャリアが定めた「7GB」という基準は、
大多数の人が不便なく使える通信量ということになっています。

 

 

実際ある調査では、スマホユーザーの約9割が月間通信量7GB
未満に収まっているという結果が出ているのです。

 

 

しかし、7GBを超えると速度制限が掛かるとわかっている以上、
意識的に7GB未満に抑えている人も多いはずです。

 

 

また、7GB制限は2012年頃から設けられています。

 

 

当時はスマホを動画を見るのは一般的ではなく、ストリーミング
サービスを提供するサイトもそれほど多くありませんでした。

 

 

動画だけでなく大容量通信を必要とするコンテンツが増えている
現在では7GBだと足りなくなってきているのです。

 

 

さらに極めつけは、キャリアが示す目安はあまり参考にならない、
ということです。

 

 

ユーザーがキャリアを選ぶ際に「通信制限の有無」が
大きなポイントとなることをキャリア側もよく分かっています。

 

 

なので、キャリア側は「通信制限はあるけど全然厳しくないよ」という
ことをアピールするために大きな数字を持ち出してきています。

 

 

例えば、動画視聴は1か月で30時間可能となっていますが、
よく見ると「中画質」という注釈が付いています。

 

 

最近は、スマホのカメラでも4K画質で動画撮影が出来るんですよ。

 

 

少なくとも高画質動画が何時間見られるかにしないと
目安になりませんよね。

 

 

では、7GBで高画質動画がどれぐらい見られるかというと、
実に「5〜7時間」程度しか見られないんです。

 

 

1日10分も高画質動画を見たら、
それだけで通信量オーバー速度制限、となってしまいます。

 

 

最近は、ストリーミングサービスだけでなくインターネットTV局まで
開局されています。

 

 

ソフトがいくら充実していても、
ハードに通信制限が設けられていたら楽しめませんよねぇ・・・。

 

 

■テザリングは要注意

 

メール数通送るだけで・・・

 

 

 

スマホのテザリング機能は当たり前のようになり、
実際に利用している人も多いと思います。

 

 

スマホがwifiルーター代わりとなり、wifi環境が無いところでも
ノートパソコンや携帯ゲーム機がネットに繋げるので便利ですよね。

 

 

しかし、ノートパソコンを繋ぐ場合は要注意で、
それこそ一瞬で通信量がオーバーしてしまう恐れがあるのです。

 

 

実は、Excelファイルを添付したメールを送ろうものなら、
1通で1GB以上消費してしまうことがあります。

 

 

プライベートはともかく、仕事で使っているとExcelファイルを
貼付けたメールなんて当たり前のように送っていますよね。

 

 

ところが、それを数通やり取りしただけでアウト、
速度制限が掛かって使い物にならなくなってしまうんですね。

 

 

出先でノートパソコンを使う機会の多い人にとっては、wifiルーターを
持たなくていいので、スマホのテザリングは便利な機能です。
(物理的にも金銭的にも)

 

 

でも、ここでもやっぱり通信制限がネックなんです・・・。

 

 

■通信制限が掛かったら

 

スマホを投げ捨てたくなります・・・

 

 

 

ひょっとすると、これまでスマホで一度も通信制限を
経験したことが無いという人もいると思います。

 

 

先に書いたように、スマホユーザーの約9割が7GB未満しか使って
ないんですから、経験したこと無い人の方が多いかもしれません。

 

 

通信制限が掛かると、通常は150Mbpsや220Mbpsと言われる
通信速度が128Kbps以下にまで落ちてしまいます。

 

 

これはガラケー並の速度で、かつてガラケーでPC用サイトに
アクセスするといつまで経っても何も表示されない、
というのを経験したことをある人は多いと思います。

 

 

スマホでもアレと同じような状態になってしまうというわけです。

 

 

具体的に言うと、
 ・ヤフートップページを表示するのに数十秒
 ・Googleマップを開くのに3分以上
 ・10秒程度の動画の読み込みに数分
となり、ストレスが掛かること間違いなしですよね。

 

 

制限を超えるまで使ったのは自分とは言え、
本当にスマホを投げ捨てたくなります。
(まあ100%思い留まりますが・・・)

 

 

このように通信制限が掛かると、スマホを使っても使わなく
(使えなく)てもストレスとなり、何一つ良いことはありませんよ。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら