いつになったらiphoneの低速状態は解除されるの?

いつになったらiphoneの低速状態は解除されるの?

■低速状態はいつになったら解除される?

 

毎月1日の場合が多いが・・・

 

 

 

機嫌良くスマホを使っていると、急にネット接続が遅くなり、
サイトの閲覧すらままならなくなってしまった・・・。

 

 

こんな経験をしたことは1度や2度じゃない、
という人も多いかもしれません。

 

 

このようにスマホの通信が低速状態に陥ってしまうのは、
キャリアによって速度制限が掛けられているからです。

 

 

何故速度制限が掛けられるかというと、契約している
料金プランの通信容量をオーバーしたことが原因です。

 

 

要するに、通信容量の上限が7GBだとすると、
使用通信量が7GBを超えた時点でキャリアから速度制限が
掛けられ、スマホの通信が低速になってしまうというわけです。

 

 

では、この低速状態はいつまで続くのでしょうか?

 

 

1〜2日で解除されれば良いんですが、
速度制限は次の「締め日」まで続くことになります。

 

 

大手キャリアだけでなくMVNOも含めて、
「締め日」を毎月末日としているところが多くあります。

 

 

なので、速度制限を受けたその月いっぱいまでは低速で、
月が変わると元の高速通信に戻るんですね。

 

 

ただし、全てのキャリアが末日締めというわけではなく、
その代表的なのがソフトバンクです。

 

 

ソフトバンクの場合、現在は新規契約分より毎月20日締めで統一
されていますが、契約した日によって締め日が3通りあるのです。

 

 

そうすると当然解除日も3つあり、それぞれ
 ・10日締め、当月11日解除
 ・20日締め、当月21日解除
 ・末日締め、翌月1日解除
となります。

 

 

ソフトバンクユーザーは、請求明細などで自分の締め日を
確認しておきましょう。

 

 

関連企業のワイモバイルは月末締めなので、
どうせ統一するならソフトバンクも月末締めにしてくれたら
分かりやすいんですけどね・・・。

 

 

■速度制限を解除する方法

 

座して解除日を待つ必要無し

 

 

 

速度制限を受けてしまうと、動画はまともに見られませんし、
サイト閲覧すら時間が掛かります。

 

 

そんな状態だと、解除されるまでの間は「ネット難民」状態と
なってしまいますよね。

 

 

プライベートだけで使っているならともかく、
仕事で使っているとなるとそんな悠長なことは言っていられません。

 

 

実は、速度制限を解除する方法と制限が掛かったままでも
高速通信をする方法があります。

 

 

まず制限を解除するには、追加料金を払って通信容量を増やす
という方法です。

 

 

「1GB1,000円」や「2GB2,500円」など容量を追加することで、
制限は解除されて元の高速通信に戻ります。

 

 

ただし一気に4GB5GBを追加することは出来ず、
1GBもしくは2GB毎にしか追加出来ません。

 

 

その手間を省いた
 ・ドコモ・・・スピードモード
 ・au・・・データチャージ
 ・ソフトバンク・・・快適モード
というサービスもあります。

 

 

確かに便利なサービスですが、使いすぎによって「パケ死」する
ユーザーも出てきているので、利用には注意が必要です。

 

 

次に、制限が掛かったままでもwifiに繋げば高速通信が可能と
なります。

 

 

ポケットwifiを持つのも良いですし、
自宅の固定回線を無線LANにするという方法もあります。

 

 

また、コンビニやカフェにあるwifiスポットを利用するのも良いですね。

 

 

速度制限を受けた時でなくても、普段からwifiを活用しておけば、
通信量の節約ができ、速度制限回避の手段にもなりますよ。

 

 

■実は危険な音楽聴き放題

 

音楽好きは要注意

 

 

 

通勤通学の合間に、スマホを音楽プレーヤ代わりにしている人も
いるのではないでしょうか。

 

 

最近では、
 ・AppleMusic
 ・LineMusic
など定額聴き放題のサービスも出てきています。

 

 

月額1,000円ほどでジャンルを問わず数百万曲が聴き放題
なんですから、CDが売れなくなるのは当然ですよね。

 

 

ところが、実はこのようなサービスで音楽を聴くと意外に通信量を
喰ってしまうんです。

 

 

それぞれのサービス、曲によっても違いはありますが、
大体1分当たりの再生で2〜2.5MBぐらい消費します。

 

 

なので、1時間聴きっぱなしとなると120〜180MBぐらいは
掛かることになるのです。

 

 

通勤や通学の電車の中で聴くだけなら、
そんなに気にする通信量ではありません。

 

 

しかし、BGM代わりに長時間流しっぱなしとなると通信量を
圧迫する原因となってしまいます。

 

 

中には
 ・ダウンロードしてオフライン再生
 ・キャッシュ機能で2回目以降通信量節約
などが可能なものもあります。

 

 

■通信制限を疑う前に・・・

 

遅くなっている原因をチェック

 

 

 

速度制限を受けていると通信速度は大幅に遅くなります。

 

 

しかし、明らかに通信量はオーバーしていないはずなのに、
通信速度が遅くなってしまうことがあります。

 

 

例えば、アプリを使っていて急に動作が重くなった場合は、
そのアプリ自体の不具合も十分に考えられます。

 

 

他のアプリの動作状況を確認してみて、スマホに問題があるのか、
アプリの不具合かを見極めましょう。

 

 

また、アプリを使い終わった時にちゃんと終了させずにホームキー
などを押してホーム画面に戻したりしていませんか?

 

 

この状態ではアプリは待機状態で動き続けており、
それが何個も重なると他の操作に影響を及ぼすのです。

 

 

それから、wifi接続を優先するような設定にしていると、
移動中などにwifiスポットの電波を拾ってしまうことがあります。

 

 

公衆無線LANは、混雑具合などによっては
LTEよりも通信速度が遅い場合が多々あるんです。

 

 

そんな時は、wifiをOFFにして、LTE通信に切り替えてみましょう。

 

 

速度制限だけでなく、こんなチョットしたことでも
スマホの通信速度は遅くなることがあります。

 

 

まあこれらのことを確認した上でも遅いままなら、
通信制限が掛かってると思って間違いないでしょうね。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら