固定回線の代替としてドコモのポケットwifiは使えるか?

固定回線の代替としてドコモのポケットwifiは使えるか?

■ポケットwifiを固定回線に

 

本当に可能なのか?

 

 

 

インターネットと言えば、
かつては一部のいわゆる「オタク」達だけのものでした。

 

 

ところが今や、ネットサーフィンやゲームだけに留まらず、
ショッピングやネットバンキングなど活用する場面が広がっています。

 

 

そんな「生活必需品」とも言えるようになったインターネットですが、
利用するために光回線やADSLといった固定回線を引いている人も
多いと思います。

 

 

しかし、新たに固定回線を引く場合には費用と時間が
掛かってしまいます。

 

 

その点、ポケットwifiなら端末を買ってプロバイダと契約すれば、
すぐにでもネットに繋げることが出来ます。

 

 

とはいえ、ポケットwifiを固定回線の代わりとして使うことは
出来るのでしょうか?

 

 

UQ WIMAXやソフトバンクなどは、有線LANポートを備え、
家庭用の固定ルーターとしても使えるポケットwifi端末を
取り扱っています。

 

 

また、ドコモやSIMフリーのポケットwifi端末にも、
クレードル(充電台)を組み合わせることで有線LANを繋げることが
出来るものがあります。

 

 

このように、ポケットwifiが固定回線に取って代わるような
サービスが既に展開され始めています。

 

 

なので、ポケットwifiを固定回線の代わりに使うことは
十分に出来るということですね。

 

 

■ポケットwifiを固定回線として使うなら

 

ポケットwifiのメリット・デメリット

 

 

 

ポケットwifiを固定回線代わりに使えるとはいえ、元々は携帯用
なので固定回線として使うにもメリットとデメリットはあります。

 

 

ポケットwifiは持ち運び可能なので、
どこの部屋であろうとすぐにネット環境を整えることが出来ます。

 

 

また、敷設工事が必要なく、
買ったその日からでも使えるというのも大きなメリットです。

 

 

そして何より、料金が安いということです。

 

 

固定回線である光回線の場合、
プロバイダ料込みで月額5,000〜6,000円ぐらいは掛かります。

 

 

その点、WIMAXであれば3,000円台ですし、
格安SIMを利用すれば1,000円以内に抑えることも出来ます。
(ただし通信量制限がある場合も)

 

 

メリットがあれば当然デメリットがあり、まず固定回線に比べると
通信が不安定になりやすいということが挙げられます。

 

 

ポケットwifiを使う場所や角度によって、
通信が切れたり電波を拾いにくくなることがあるのは事実です。

 

 

なので、株式投資のような1分1秒を争うようなことをするのには、
ちょっと向いていないかもしれません。

 

 

また、家族など複数人で共有している場合には、
誰かがポケットwifiを持ち出してしまうと家では全くネットが
出来なくなってしまいます。

 

 

そして、ポケットwifiには通信量の制限が設けられている場合が
多くあります。

 

 

例えば、
 ・月間7GB
 ・3日で1GB
などといったものです。

 

 

無制限通信が売りであったWIMAXですら3日3GBという、
緩いとは言え、通信制限があるんです。

 

 

動画をアップロードしたり、休みの日に1日中Youtubeを視るような
人には向かないかもしれませんね。

 

 

まとめると、
メリット
 ・持ち運べる
 ・買ってすぐに使える
 ・月額料金が安い
デメリット
 ・固定回線に比べて通信が不安定
 ・複数人での共有に向かない
 ・通信制限がある
といったところでしょうか。

 

 

■家で使うならやっぱり固定回線?

 

固定回線のメリット・デメリット

 

 

 

次に固定回線のメリットとデメリットですが、
まあ基本的にはポケットwifiの裏返しですよね・・・。

 

 

まず一番大きなメリット言えば、「安定した通信」です。

 

 

基地局からの電波を無線で拾うポケットwifiに対して、
固定回線は家の傍の電線からルーターまで有線で繋いでいるので
通信の安定感は抜群です。

 

 

通信速度に関しても
 ・ポケットwifi・・・下り最大225Mbps(ドコモ「LTE Advanced」)
 ・光回線・・・下り最大2GB(NURO光)
となっています。

 

 

また、ポケットwifiには通信制限がありますが、
固定回線には今のところ通信制限はほぼありません。

 

 

「今のところ」というのは、2016年6月以降「OCN」では
回線混雑時の通信制限が実施されます。

 

 

他社が追随する可能性もあり、
今後は固定回線でも通信制限が当たり前となるかもしれません。

 

 

デメリットとしては、固定回線である以上持ち運べないのは仕方ない
として、設置工事に約1ヶ月掛かるというのが一番大きいところです。

 

 

光回線業者は余程忙しいのか(皮肉)、いつ申し込んでも
2週間〜1ヶ月先でないと設置工事をしてもらえません。

 

 

1週間ぐらいならともかく、
1ヶ月も待たないとネットが使えないなんてちょっとツライですよね。

 

 

工事代金については約20,000円掛かりますが、
ポケットwifiでも端末によってはこれぐらいの金額が掛かります。

 

 

また、プロバイダによっては「工事費実質0円」のキャンペーンも
行われており、特にデメリットとは言えないかもしれませんね。

 

 

まとめると、
メリット
 ・通信の安定感
 ・通信がポケットwifiより速い
 ・通信制限が無い(今のところ)
デメリット
 ・設置工事に時間が掛かる
 ・月額料金が高い
となります。

 

 

■これからはポケットwifiが主流に?

 

「ADSL難民」は光よりポケットwifiに流れる

 

 

 

2016年6月末日をもって、ブロードバンド「ADSL」の新規申込が
終了となります。

 

 

サービスは継続されるとは言うものの、様々な不具合が起こる
恐れもあり、ADSLからの乗り換えを検討している人も多いはずです。

 

 

通常は同じ固定回線である光回線への乗り換えを考えますが、
大量の「ADSL難民」が光回線に流れ込むと
今以上に設置工事に時間が掛かることは間違いありません。

 

 

さして忙しいとも思えない時期でも1ヶ月ぐらい掛かるのですから、
ヘタをすると2ヶ月3ヶ月待ちが当たり前となるかもしれません。

 

 

そうなると、ネットを長期間使えないのはツライということで、
買ったその日からでも使えるポケットwifiへ流れる人も
多くなるのではないでしょうか。

 

 

これを商機とばかりにポケットwifi側は、
今後料金や通信制限などのサービスを充実させてくるはずです。

 

 

光回線側の料金や開通までのブランクなどが改善されないと、
「ADSL難民」の動向次第でネット回線の主流がポケットwifiに
なるかもしれませんよ!?

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら