7GBって何パケット?ドコモの明細は未だにパケット数表示・・・

7GBって何パケット?ドコモの明細は未だにパケット数表示・・・

■7GBをパケット数に換算すると

 

パケット通信?データ通信?

 

 

 

街中を歩いていて、スマホをいじっている人を見ないことなんて
今やほぼありません。

 

 

電話としての機能はもちろん、インターネットにゲーム、
果てはテザリングでwifiルーター代わりまで、
正に「万能な優れもの」ですよね。

 

 

テザリングはともかく、インターネットやゲームはガラケーの時から
利用することは出来ました。

 

 

でもガラケーは通信速度が遅く、ネットでもゲームでも出来ることは
スマホと比べると限られていますよね。

 

 

ガラケーでの通信と言うと、「パケット通信」という言葉を
思い出しませんか?(年代が知れそうですが・・・)

 

 

最近では「データ通信」って言う方が通りが良く、
「パケット通信」と言われてもピンとこない人もいるかもしれません。

 

 

まあでも、「パケあえる」や「パケホーダイ」なんて料金プランがある
ぐらいだから、今でも全然通用するのでしょうか。

 

 

キャリアの明細を見ると、使用通信量がGBじゃなくて未だに
パケットだったりしますし・・・。

 

 

じゃあ1GBは何パケットで、1パケットは何GBなのでしょうか?

 

 

まず、
 ・1GB=1024MB
 ・1MB=1024KB
 ・1KB=1024B
であり、1GB=約10億7300万Bとなります。

 

 

一方、「1パケット=128B」であり、1GBは約840万パケットに
相当するのです。

 

 

一般的な定額プランの上限である7GBだと、
約5800万パケットということになります。

 

 

過去の明細を遡って通信量を確認する際に、
参考にしてみてください。

 

 

■通信量に含まれるもの

 

ソレを使うにも通信量が掛かってます

 

 

 

スマホでの通信が身近になってはいるものの、何をすれば
通信量が掛かるのか案外分からなかったりしませんか?

 

 

ネットを見たりアプリをダウンロードするのに通信量が掛かるのは
分かりますが、その他でも色々と通信量が消費されているんです。

 

 

通信量を消費するものとしては、
 ・ネットサイトの閲覧(動画視聴を含む)
 ・メールの送受信
 ・LINEなどのSNS
 ・ゲームアプリ
 ・地図アプリ
 ・位置情報サービス
などがあります。

 

 

ゲームアプリの中には、ダウンロード時以外は通信が必要の無い、
落としきりのものもあります。

 

 

ほとんどのものは、通信している自覚があり、通信制限を喰らった
ときには原因として思い当たりやすいと思います。

 

 

しかし、一つだけ自分の意思とは関係無く通信をしてしまっている
ものがあるんです。

 

 

それが、「位置情報サービス」です。

 

 

地図アプリと連動でカーナビ代わりにしたり、
ラジオアプリ「radiko」の地域判定に使われたりするものです。

 

 

何かと便利な機能ではあるんですが、この機能をオンにしていると
スマホで写真を撮るだけでも通信量が掛かってしまうです。

 

 

一時期問題になった、写真に位置情報が書き込まれて、
撮った場所が分かってしまうというアレです。

 

 

また位置情報は定期的に収集されており、
知らない内に通信していることもあるのです。

 

 

もちろん、位置情報サービスに掛かる通信量は全体から見ると
微々たるものです。

 

 

でもその微々たる通信量で、SNSのやりとりもうちょっとだけ
多く出来るとなると勿体ないですよね?

 

 

なので、セキュリティの面からも位置情報サービスは必要時以外は
オフにしておいた方が良さそうです。

 

 

■定額プランじゃなければ・・・

 

通信料は一体いくらになるのか?

 

 

 

スマホの料金プランでは、通信は定額になっていることが
一般的です。

 

 

なので、追加料金を払って高速通信の容量を増やさない限りは、
いくら通信しても月額料金は一定です。

 

 

では、もし定額でなければ一体どれぐらいの料金が
発生するのでしょうか?

 

 

キャリアや料金プランによって違いはありますが、
ここではドコモを例に見てみます。

 

 

ドコモでは定額プランに契約せずにLTE通信すると(出来るのか?)
1KBごとに0.6円掛かるそうです。

 

 

メール(300文字)1通送ると約20KBなので、約12円となります。

 

 

もっと分かりやすく、Youtubeで中画質の動画を見ると通信量は
18MB掛かります。

 

 

なので、5分見たとすると90MBになり、先の計算に当てはめると
約92000KBで、料金は約55,000円にも上るのです。

 

 

なんと、それほどキレイとは言えない画質の動画を5分見ただけで、
55,000円も掛かっているのです。

 

 

ちなみに、7GBだと約440万円であり、
一ヶ月で軽くサラリーマンの年収分ぐらいになるんです。

 

 

そう考えると、月数千円で400万円分使っているわけですから、
「スマホ代が高い!」なんて言ったらバチが当たりそうですよね・・・。

 

 

■LINE電話は無料じゃない!?

 

無料音声通話とLINE電話は違う

 

 

 

メッセージのやりとりだけでなく、音声通話まで無料で
出来てしまうという便利なSNSアプリが「LINE」です。

 

 

中には、コミュニケーションは全て「LINE」で済ませるので、
電話もメールも全然使ってないって人もいるかもしれません。

 

 

「LINE」の無料音声通話は「通話料無料」であり、
何時間話そうとも通話料は掛かりません。
(通信量は喰うので完全に無料ってわけでもないんですが・・・)

 

 

しかし、この無料音声通話はLINEアプリ同士でのみ通話可能で
あり、アプリが入っていない携帯電話と通話することは出来ません。

 

 

そこで、スマホなどの携帯電話や固定電話とも通話が出来る
「LINE Out!」というサービスがあります。

 

 

こちらは相手がLINEアプリをダウンロードしていなくても
通話出来ますが、無料ではなく、通話料が必要となっています。

 

 

なので、「無料だと勘違い」して長時間通話すると、
高額な通話料が請求されちゃいますよ。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら