通信量7GBってドコモとかだとすぐなくなるのは何故?

通信量7GBってドコモとかだとすぐなくなるのは何故?

■7GBで出来ること

 

「動画再生なら30時間」とは言うものの・・・

 

 

 

月末になると、通信量がオーバーしないように極力スマホを
使わないようにしている人も多いと思います。

 

 

別に使い放題使っているわけじゃなく、あの手この手で通信量の
節約をしているのに、キャリアからの警告メールが・・・。

 

 

では、7GBの通信量で一体どのくらいのことが
出来るのでしょうか?

 

 

各キャリア毎が示す目安を見ると、多少違いはあるものの、
 ・メール送受信            ・・・約14,000通
 ・サイト閲覧(300MB/1ページ)・・・約24,000回
 ・動画再生(中画質)         ・・・約30時間
 ・音楽ダウンロード(5MB/1曲) ・・・約1,400曲
などとなっています。

 

 

こうして見ると、「これだけ使えるのに何故毎月オーバーする?」と
思うぐらいの数字が並んでいますよね。

 

 

注意しなければいけないのは、「合計の目安」ではなく
「単独使用した場合の目安」だということです。

 

 

例えば、動画なら1日約1時間見ることが出来ますが、
「動画を1時間も見ることは無いから余裕」と思ってはいけません。

 

 

スマホって動画を見るためだけに使いますか?

 

 

違いますよね、動画以外にも
 ・SNS
 ・WEB検索
 ・ゲーム
などなど、ヘタしたら1日中スマホとにらめっこしてるなんてことも
あるかもしれません。

 

 

使用状況によっちゃ、1日5分程度動画を見るだけでも
十分月間の通信量を圧迫してるってこともありえるんです。

 

 

スマホで1日中LINEやTwitterをして、その上たらふく動画を見て
ゲームもするなんて、よく考えたら贅沢ですよね・・・。

 

 

■7GB以外の制限

 

警告無し、解除方法無し

 

 

 

月間の通信量以外にも、3日間の通信量に制限が設けられている
場合もあります。

 

 

これは、3日間の通信量が1GBや3GBに達すると速度制限が
掛かるというものです。
(今後は撤廃や緩和の流れっぽい?)

 

 

実は、ある意味月間の通信制限よりも厳しく恐ろしいのが、
この3日間の通信制限なのです。

 

 

月間の通信制限は、追加料金を払えば、解除日を待つことなく
通信速度を元に戻すことが出来ます。

 

 

ところが、3日間の通信制限にはこのような解除方法が
一切用意されていないのです。

 

 

制限を受けると、少なくとも丸1日は超低速通信で
やり過ごさないといけないというわけです。

 

 

また、メールアドレスを登録しておけば、月間の通信量が上限まで
1GBを切るとキャリアから警告メールが送られてきます。

 

 

3日間の制限にはこのようなサービスも無く、ある日突然制限が
掛かり通信が遅くなってしまいます。

 

 

そうなると軽くパニックに陥って、通信制限が掛かってるってことに
頭が回らなくなるんですよね。

 

 

ただ、月間の通信制限がほぼ問答無用なのに対して、3日間の
制限は掛からないことも少なくないというのは少し救いでしょうか。

 

 

■AXGP回線で無制限通信

 

「えーえっくすじーぴーっておいしいの?」

 

 

 

ワイモバイルが、AXGP回線を利用する、
ポケットwifiの月間通信量無制限プランを開始しました。

 

 

本来ならAXGP回線を詳しく紹介したいところですが、筆者が説明を
読んでもよく分からなかったので割愛させていただきます・・・。

 

 

まあ、新しい高速通信規格で利用者も少ないので、
特に制限を設けなくても大丈夫っことなんでしょうか。

 

 

今後利用者が増えると、LTEなどと同様に通信制限が設けられる
かもしれないので、契約するなら今のうちに!と普通は思います。

 

 

ところが、新しい通信規格だけにまだまだ対応エリアが
限られているんです。

 

 

東京・名古屋・大阪などの大都市周辺は対応していますが、
それ以外はほぼ対応していません。

 

 

また、基地局のアンテナの関係からビルやマンションの高層階
(11〜12階以上)では対応エリア内でも繋がらない場合も
あるんだとか。

 

 

さらに、LTEに比べると障害物に弱く、
屋内などでは繋がりにくいこともあるそうです。
(WIMAXよりはマシ?)

 

 

なので、ワイモバイルではLTE回線との併用が必須で、
AXGP回線はオプション的な扱いとなっています。

 

 

今後、このAXGP回線が主流になるかどうかは分かりませんが、
今のところは使い勝手が悪そうですねぇ・・・。

 

 

■通信量無制限のワナ

 

無制限であって無制限でない?

 

 

 

先のAXGP回線を利用したワイモバイルのプランは、
大々的に無制限通信を謳っています。

 

 

ところが、実質的には無制限ではなく、
きっちりと制限が設けられているのです。

 

 

確かに、AXGP回線での通信には月間通信量の制限が
ありませんが、3日間3GBという制限は残っています。

 

 

これでは無制限とは言えず、実質1日1GB、1ヶ月30GBの
制限が設けられているも同然ですよね。
(かなり緩いですが・・・)

 

 

この「月間制限無し、3日間制限有り」はワイモバイルに
限ったことではなく、WIMAXでも同様です。

 

 

さらに、先にも書いたようにAXGP回線は対応エリアが限られており、
LTE回線との併用は必須です。

 

 

実は、このLTE回線の方には当たり前のように7GBの制限が
掛けられています。

 

 

しかも、LTE回線での通信量が7GBをオーバーすると、
AXGP回線の方にも速度制限が掛かってしまうのです。

 

 

上手い具合に自宅や職場、学校などネットをよくする場所が
AXGPに対応していれば良いですが、そうでなければ
「無用の長物」ですよね。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら