通信量7GBを超えないためにドコモのスマホで出来る対策

通信量7GBを超えないためにドコモのスマホで出来る対策

■効果的な通信制限対策

 

一番はやっぱりwifiの活用

 

 

 

スマホでよく動画を見たり、ゲームをしたりする人にとっては、
通信量オーバーによる速度制限は何よりも厄介なものですよね。

 

 

制限されたが最後、解除されるのを待つか追加料金を払って
解除しない限り、動画やゲームを快適に利用することが
出来なくなってしまいます。

 

 

通信制限に掛からないために施す対策は様々ありますが、
やはり一番効果的なのは「wifiの活用」ではないでしょうか。

 

 

とはいえ、ポケットwifiなどを持つとなると料金が必要であり、
「これ以上通信費が増えるのはちょっと・・・」と思う人もいるはずです。

 

 

それならば、新たにポケットwifiなどを契約せずとも
 ・自宅の固定回線
 ・公衆wifiスポット
を利用するだけでも「通信制限対策」としては充分です。

 

 

まず、自宅に光回線などの固定回線を引いているのであれば、
無線LANルーターでwifi接続が出来るようにしましょう。

 

 

無線LANルーターは、家電量販店などで安いものであれば
2,000円程度で手に入ります。

 

 

人も羨むような大邸宅に住んでいれば別ですが、1台あれば
家中どこでもwifi接続が可能です。
(お風呂やトイレなど繋がりにくい場所もあります)

 

 

それから、外出先ではwifiスポットを積極的に利用しましょう。

 

 

大手キャリアなどが提供している有料のものから、
コンビニやカフェで利用出来る無料のものまであります。

 

 

有料とはいっても月額300〜500円程度で無制限に利用
出来ますし、キャリアのユーザーであれば無料となる場合もあります。

 

 

一方無料のwifiスポットは、1回の通信時間や1日の通信回数など
に制限が設けられていることがほとんどのようです。

 

 

また、セキュリティの面でも少し弱いところがあるので、
IDやパスワードを入力するような通信は無料wifiスポットでは
避けた方が良いかもしれません。

 

 

■ポケットwifi使うなら

 

安くて固定回線代わりになるものを選ぶ

 

 

 

最近では、街中でwifiスポットのステッカーが貼ってあるお店などを
見かけることも多くなりました。

 

 

とはいえ、都市部を少し離れると「wifiスポットって何?」というような
ところも少なくありません。
(wifiスポットすら知らないところは少ないか・・・)

 

 

都市部と言えども、いつでもどこでもwifiスポットを
利用出来るわけではありません。

 

 

そうすると、wifiを活用するのであればポケットwifiを持つのが一番、
ということになってきます。

 

 

どうせポケットwifiを持つのであれば、安くてなおかつ通信量が
無制限で固定回線代わりとして使えるものを選びましょう。

 

 

通信量無制限でまず思い付くのは「WIMAX」ですよね。

 

 

月額約4,500円程で、下り最大220Mbpsという高速通信が
使い放題となっています。(3日間3GBの制限あり)

 

 

ただし、随時拡大中ではあるものの、未だに「WIMAX」は利用
出来るエリアが限られています。(都市部を離れると少しキツイかも)

 

 

もし自分のエリアに「WIMAX」が入らない場合には、
「ぷららモバイルLTE」という選択肢もあります。

 

 

「ぷらら」なら月額2,980円でドコモのLTE回線が
使い放題なんです。(3日間の制限も無し)

 

 

ただし、通信速度が上り下りともに3Mbpsという「低速」と
なっています。

 

 

大容量ファイル(100MBが目安)の取り扱いには時間を要するので、
固定回線の代替としてはちょっと「力不足」なのは否めません。

 

 

それでも、スマホで標準画質の動画であれば、
それほど問題無く見ることが出来ます。

 

 

■ブラウザで通信量節約

 

GoogleChomeなら・・・

 

 

 

動画視聴やゲームはもちろん、
サイト閲覧でも結構な通信量を消費しています。

 

 

こればっかりは、サイト閲覧を控えるぐらいしか通信量を節約する
方法はなさそうですよね。

 

 

ところが、ブラウザを変えるだけで同じ様に使っていても通信量が
節約出来るかもしれないんです。

 

 

スマホのブラウザをデフォルトのまま使っている人も多いと思います。
(iPhoneならSafari、AndroidはOS4.3以前はAOSP)

 

 

これを「GoogleChrome」に変えれば、最大40〜50%も通信量を
圧縮(削減)してくれるんです。

 

 

GoogleChromeアプリをダウンロードし、「設定」から「帯域幅」へ
進み「データセーバー」をONにするだけ。

 

 

ひょっとしたら、これをするだけで通信制限に掛からなくなる人も
いるかもしれませんね。

 

 

ちなみに、AndroidOS4.4以降はGoogleChromeベースの
ブラウザがデフォルトとなっているので、アプリを別でダウンロード
する必要はありません。

 

 

■通信制限が掛かるのはヘビーユーザーだから?

 

スマホユーザーの9割は7GBで収まっていますが・・・

 

 

 

毎月のように通信量をオーバーして速度制限が掛かってしまう人は、
ヘビーユーザーだけなのでしょうか?

 

 

確かに、ある調査ではスマホユーザーの約9割が月間通信量
7GB以下となっています。

 

 

要するに、7GB以上使っている人は約1割であり、やはり通信制限
を受ける人は「使いすぎのヘビーユーザー」と言えるかもしれません。

 

 

ところが、誰しもヘビーユーザーになる危険性が
今後は増していきます。

 

 

動画やゲームなどはどんどん高画質化しており、
大量の通信を必要とするコンテンツが増えてきているのです。

 

 

実際、HD画質動画は約7分見ただけで1GB消費すると
言われています。

 

 

また、某有名RPGのスマホゲームは初期ダウンロードに2GB
掛かるそうです。

 

 

このようにコンテンツの消費通信量が増えることで、
これまでと同じ様に使っていても通信制限に掛かってしまう人が
増えるはずです。

 

 

「通信制限なんて他人事」と今は思っている人も、
ヘビーユーザーになって通信制限の恐怖を味わう日がいつ来ても
おかしくありませんよ。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら