7GBでは少ない?足りない?ドコモユーザーの意見は・・・

7GBでは少ない?足りない?ドコモユーザーの意見は・・・

■7GBは多い?少ない?

 

ヘビーユーザーはマイノリティー

 

 

 

電話、ネット、ゲーム、地図、銀行の振り込み、財布代わりにまで
なって、最早スマホさえあれば困らないと言えるほどです。

 

 

そんな便利なスマホにも、ユーザーの頭を悩ませる大きな問題が
2つあります。

 

 

それは、「料金」と「通信制限」ですよね。

 

 

ガラケーが主流だった頃は、無料通話分付与とパケット定額が
出来て以降は、料金が月に1万円を超えることはあまり無かった
ように思います。

 

 

ところが、スマホでは月に1万円前後掛かるのが当たり前のように
なっています。

 

 

とはいえ、格安SIMが登場したことで選択肢が増え、
今後は大手キャリアでも料金が下がっていくことが期待出来ます。

 

 

一方、通信制限に関しては、大手キャリアだけでなく格安SIMを
利用しても課される場合がほとんどです。

 

 

スマホで、高速通信を完全無制限で快適に使うことは
ほぼ無理な現状なのです。

 

 

では、一般的な定額プランの月間通信量の上限である「7GB」では
足りないと思っている人はどのくらいいるのでしょうか?

 

 

ある調査によると、スマホユーザーの月間通信量の平均は
「3.53GB」となっています。

 

 

さらに、「2GB以下」という人は全体の約半数、「7GB以下」と
答えた人は約9割にも登ります。

 

 

この結果を見ると、「月間7GB」という設定が如何に適確か
ということが分かりますよね。

 

 

少数意見を無視して良いわけではありませんが、
大多数のユーザーは「7GBで充分」と考えています。

 

 

そうである以上は、今後「通信量無制限」という方向に向かう
可能性は低いかもしれませんね・・・。

 

 

■高速無制限通信は無理?

 

WIMAXも制限付に・・・

 

 

 

少数派とはいえ、月に7GB以上通信するヘビーユーザーが
いることは事実です。

 

 

また、最近は動画配信やゲームなど大量の通信を必要とする
コンテンツも増えてきています。

 

 

なので、現状の「ライトユーザー」がいつ「ヘビーユーザー」に
なってもおかしくない環境にあります。

 

 

では、キャリアは高速通信を無制限で提供することは
無理なのでしょうか?

 

 

完全無制限の高速通信を謳っているMVNOが2社ありますが、
通信速度が不安定と快適性の面で評判を大きく落としています。

 

 

WIMAXもかつては無制限の高速通信がウリでしたが、
完全無制限は低速に、高速では3日間3GBの制限が
設けられています。

 

 

WIMAXの対応を見ると、
 ・通信量無制限なら低速
 ・高速通信なら通信制限
というのが現状の傾向のようですね。

 

 

もちろんキャリアが通信施設を増設、増強すれば
無制限の高速通信は可能かもしれません。

 

 

しかし、それを実現するためには莫大な費用が必要となります。

 

 

実際、キャリアが現状のサービスを維持するだけでも、
年間数千億円の費用が必要とも言われています。

 

 

今後、様々なアプリやコンテンツの開発スピードを超えて設備を
増強させていくためには、最低でも「数兆円」規模の投資となります。

 

 

当然その原資は利用者の料金なので、
無制限の高速通信を実現するためには料金の大幅な値上げも
受け入れざるを得なくなるというわけです。

 

 

通信制限はそのままで料金は据え置きもしくは安くなるのが良いか、
料金は上がっても無制限で通信出来るのが良いか・・・
何とも悩ましいところですね。

 

 

■7GBで足りないなら

 

MVNOへ「いらっしゃ〜い」

 

 

 

大手キャリアのauやソフトバンクなら7GB、ドコモなら8GBが
月間通信量の上限となっています。

 

 

追加料金を支払えば無制限に通信することも出来ますが、
当然料金が嵩みます。

 

 

何とか少しでも安く7GB以上使いたいというのであれば、
格安SIMのMVNOを利用するしかありません。

 

 

MVNOなら10GBは当たり前で、中には20GB、果ては50GB
なんていう大容量プランを提供しているところもあるのです。

 

 

その上、料金が安い!

 

 

ドコモのデータSパック(2GB)の料金(3,500円)以下で、
音声通話付10GBのSIMが使えちゃいますよ。

 

 

大手キャリアで月に10GB使うと軒並み1万円以上掛かることを
考えると、如何に安いかが分かると思います。

 

 

MVNOは大手キャリアの回線を利用しているので、
繋がりにくいということは一切ありません。

 

 

毎月、制限を気にしてスマホの使用を控えているなら、MVNOで
ヘビーユーザーデビューしてみても良いのではないでしょうか。

 

 

■格安SIMは無い無いづくし!?

 

便利な反面、使えなくなる機能も・・・

 

 

 

大手キャリアの回線が安く、大容量使える格安SIMですが、
大手キャリアではあったり使えたりして当然だったものが
無くなることもあります。

 

 

まず、いわゆる「2年(3年)縛り」といった定期契約が無く、
いつ解約しても違約金が発生しません。
(最低利用期間と違約金を設けているところもあります)

 

 

定期契約や違約金が無くなって困ることはありませんが、
無くなると多少困るものもあります。

 

 

一番大きいのは「メールアドレス」です。

 

 

メールに関しては、PCメールのアドレスをくれるところもありますが、
基本的にフリーメールを利用しなければいけません。

 

 

場合によっては「SMS(ショートメッセージサービス)」も
使えなくなることがあります。

 

 

なので、SMS認証が必要な「LINE」や「Twitter」などSNSへの
アクセスや新規登録が出来ないのです。
(「フェイスブック」アカウントを利用するなど方法はあります)

 

 

また、
 ・留守番電話
 ・キャッチホン
などの機能も使えなくなる恐れもあります。
(オプションで付けられる場合もある)

 

 

このように料金が安い反面使えなくなる機能もあるので、
大手を含めたキャリア選びの際には充分考慮してください。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら