料金プラン変更でドコモポケットwifiの料金が分かりにくい

料金プラン変更でドコモポケットwifiの料金が分かりにくい

■ドコモポケットwifiの料金プラン

 

ほんでナンボやねん!

 

 

 

ガラケー時代には、「今月携帯使いすぎた・・・支払いが増える」と
毎月の携帯電話料金を気にしていましたよね。
(若い人は分からないかも・・・)

 

 

しかし最近は、パケット通信は定額、通話も定額だったり無料通話分
があったりで、毎月大体決まった金額を支払うようになっています。

 

 

それでも、スマホやポケットwifiを使っていれば、
毎月の料金は気になるものだと思います。

 

 

ドコモでは、2014年に料金プランが大幅に改定され、
2016年3月からは低価格プランが新たに導入されます。

 

 

そんなこともあって、ネット上では新旧のプランが入り交じって、
正しい料金を見つけることが難しくなっています。

 

 

特にポケットwifiの場合、「単独ならいくら」とか
「スマホとセットにするとこの金額」、「オプションなら○○円」なんて
書かれていて、どれが自分に合った金額かよく分かりませんよね。

 

 

そこで、ドコモのポケットwifiの料金について分かりやすく
見ていきたいと思います。

 

 

まず、ドコモでポケットwifiの回線契約をするには、
基本使用料(データプラン)とプロバイダ料(moperaU)合わせて
1,400円掛かります。

 

 

加えて、使用する通信量に応じたデータパックの料金が
必要となります。

 

 

データパックは3つあり、それぞれの総額は
 ・データSパック(2GB)・・・4,900円
 ・データMパック(5GB)・・・6,400円
 ・データLパック(8GB)・・・8,100円
となっています。

 

 

高いと見るか安いと見るかは人によって違うと思いますが、
他社と比べるとやっぱり高いですよねぇ・・・。

 

 

■ドコモのポケットwifiが月1900円

 

これがあるからややこしい・・・

 

 

 

先に書いたように、ポケットwifiで月に2GB使うだけで
4,900円掛かります。

 

 

正直これを使うぐらいなら、スマホで追加料金(2,500円)を払って
2GB増やした方がマシです。

 

 

スマホのテザリング機能を使えば、
タブレットもノートパソコンも繋げますし・・・。

 

 

とはいえ、そんなバカ高いポケットwifiが月1,900円なら
使いたいと思いますよね。

 

 

実はドコモのスマホユーザーであれば、ポケットwifiに
「2台目プラス」や「シェアオプション」が適用されるのです。

 

 

これらのプランが適用されることで、基本使用料とプロバイダ料に
500円追加するだけでデータパック料金が不要となります。

 

 

要するに、月額1,900円でポケットwifiが持てちゃうんです。

 

 

ここまでなら、ポケットwifiを格安で持てるってことで
凄く良いことのように思えます。

 

 

しかーし、このプランには大きな、
それはそれは大きな落とし穴があるんです。

 

 

「2台目プラス」や「シェアオプション」としてポケットwifiを持つ
場合には、通信量がスマホと共有になります。

 

 

例えば、スマホが5GBのプランなら、
スマホとポケットwifi合わせて月間5GBしか使えないということです。

 

 

ポケットwifiを持つことで利用可能な通信量を増やせるどころか、
逆にスマホで使える通信量が減ってしまうことになるんです。

 

 

この、一見お得そうに見えて実は全くお得じゃないプランがある
おかげで、ポケットwifiの料金体系がややこしいんですよね・・・。

 

 

■ポケットwifi経由で通話は出来る?

 

出来れば大幅節約!・・・?

 

 

 

スマホはSIMカードを抜いても、ポケットwifiや固定回線の
無線LANを利用することでデータ通信は出来ます。

 

 

データ通信出来るってことは、
 ・LINE
 ・Twitter
 ・フェイスブック
なんかも利用可能です。

 

 

G-mailなどを使えばメールのやり取りも出来ますし、
そうなると音声通話のためだけに高い料金を払っているも同然の
ような気がしてきます。

 

 

音声通話さえ出来れば、
ポケットwifiだけの契約でスマホが運用できてしまいますよね。

 

 

しかし、残念ながらポケットwifiだけでは「090」や「080」から始まる
音声通信回線は利用出来ません。

 

 

LINEやSkype、「050」から始まるIP電話などで音声通話自体は
可能となっています。

 

 

ただし、
 ・「050」番号取得には月額料金が必要
 ・携帯電話への通話料が割高
などに注意が必要です。

 

 

平常時であれば問題無いかもしれませんが、
緊急時にはちょっと不便かもしれませんね。

 

 

■ポケットwifiのSIMをスマホ・タブレットで使う

 

もちろん使えますが・・・

 

 

 

ドコモのスマホ・タブレットとポケットwifiでは、基本使用料に当たる
データプラン料金が500円違います。
(ポケットwifiの方が安い)

 

 

と言うことは、ポケットwifiを契約し、
そのSIMカードをタブレットに挿して使えば、
500円だけですが月額料金を安くなると思いませんか。

 

 

スマホだと電話が出来なくなりますが、ポケットwifiを持ち歩かなくて
済むので、荷物が減って一石二鳥ですよね。

 

 

しかし、スマホやタブレットに挿して通信した時点で自動的に
スマホ・タブレット用の料金に切り替わるようになっています。

 

 

この辺りの抜かりの無さはさすがドコモと言った所でしょうか。

 

 

実現出来ないとはいえ、
月500円のためだけに人間の悪知恵って働くんですねぇ・・・。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら