一括0円購入でドコモのポケットWifiの維持費がタダ同然!?

一括0円購入でドコモのポケットWifiの維持費がタダ同然!?

■お得な「一括0円」

 

ドコモなら一括0円購入で割引額が維持費を上回る!?

 

 

 

毎年、3月や4月の卒業・入学のシーズンになると新生活が
スタートする学生や新社会人に向けて様々なサービスを始めます。

 

 

特に量販店では、新機種の発売と重なったりすると「新規契約
一括0円」のポップが店頭に踊っているのを見かけたりします。

 

 

実はこの「一括0円」でポケットwifiを購入出来れば、
ドコモユーザーならほとんど維持費が掛からないんです。

 

 

通常ドコモのポケットwifiを利用するには、まず20,000円前後する
ルーター本体を購入しなければいけません。

 

 

そして、基本使用料やデータ通信プランの料金など月に数千円の
維持費が普通は掛かります。

 

 

さらにルーター代を月々分割して払っていると、オプションなどを
付けていたら月に1万円を越えることも珍しくはありません。

 

 

ところが、「一括0円」で購入した場合には、
通常20,000円前後するルーターが文字通り0円になります。

 

 

そして、2台目プラスやシェアパックの子回線とすることで
シェアオプションが適用されます。

 

 

そうすることで、インターネット接続のオプションを加えても
月額1,900円(税抜)で利用出来るのです。

 

 

これだけでは終わらず、契約内容によっては毎月2,000円近い
割引を受けられます。

 

 

すると、消費税を含めてもルーターの維持費が
月50数円ということになるんです。

 

 

さすがに、期間限定キャンペーンなどの好条件が重ならないと
ここまでは安くなりません。

 

 

とはいえ、これだけ安くなる可能性はあるわけですから、
「一括0円」の文字を見かけたらお店に入ってみるべきですよ。

 

 

■「実質0円」と「一括0円」の違い

 

似てるようで全く違うものです

 

 

 

先の「一括0円」と並んで、「実質0円」という文字も携帯ショップや
量販店などでよく見かけると思います。

 

 

どちらも、スマホやポケットwifiなどの本体が「0円」で購入出来る
サービスであり、同じ様なものだと勘違いしている人も多いのでは
ないでしょうか?

 

 

まず「実質0円」は、「機種代は払うけどその分割引を受けられる
ので実質的に機種代は0円になる」ということです。

 

 

例えば、60,000円の機種を購入したとすると、月2,500円の
割引を24か月間受けることで機種代と同額が割引かれ機種代が
実質0円になるというわけです。

 

 

ただし、2年契約で機種代を分割払いしなければならず、
契約中の機種変更や解約をする場合には未払い分を
精算しなければなりません。

 

 

それに対して「一括0円」は、
そもそも「機種代が無料」となっているんです。

 

 

ここまでは、「実質0円」も「一括0円」も同じですが、
ここから大きな違いが出てきます。

 

 

実は「一括0円」でも「実質0円」の時と同じ様に機種代の割引が
そのまま適用されるんです。

 

 

先の例で言うと、機種代は0円にも拘わらず月2,500円、
合計60,000円の割引だけが受けられるというわけです。

 

 

しかも、契約中の機種変更や解約の場合でも
当然機種代の精算は発生しません。
(違約金が発生する場合はあります)

 

 

なので、「実質0円」よりも「一括0円」の方が
断然お得ということなんですね。

 

 

■「一括0円」の落とし穴

 

甘い話にはウラがある?

 

 

 

一見すると「一括0円」は利用しないと損に思えてきますよね。

 

 

ところが、この「一括0円」には落とし穴が潜んでいる場合が
あるんです。

 

 

まず、「一括0円」のサービスを受けるためには複数の
オプション加入が条件となっている場合が多くなっています。

 

 

このオプションは、情報サイトへの登録など通話や通信とは
直接関係のないもので、場合によっては月に10,000円以上
掛かることもあります。

 

 

そのオプションは2〜3か月で解約可能となりますが、
解約を忘れると却って維持費が高くつくことになります。

 

 

また、購入する機種によっては「一括0円」を適用することで
月々の割引額が減額されることがあるんだそうです。

 

 

先の例で言うと、「実質0円」なら月2,500円の割引のところ、
「一括0円」だと割引額が2,000円や1,500円となってしまう
ということです。

 

 

そして「一括0円」の最大の難点は、このサービスを行っている
お店をなかなか見つけることが出来ないところです。

 

 

「一括0円」の場合、販売店や通信会社が機種代を負担することに
なります。

 

 

なので、在庫処分や期間限定のキャンペーンとして行っていることが
ほとんどで、いつでもどこでもやっているわけではないんです。

 

 

最新機種には適用されないことも多く、
甘い話には注意しなければならない点が多々ありますね。

 

 

■ポケットwifiを選ぶなら

 

やっぱりドコモが一番!?

 

 

 

SIMロックの解除や各社似通った料金プランということもあって、
携帯キャリア選びに迷うことがあると思います。

 

 

スマホですらそんな状況なんですから、
ポケットwifi選びとなると尚更ではないでしょうか?

 

 

携帯キャリア各社に加え、MVNOや「WIMAX」取扱各社など
数多ある中で、やはりドコモが一番だと思われます。

 

 

なんと言っても、電電公社からNTTの流れを汲む通信の老舗中の
老舗であり、その信頼に応えるだけのものを提供してくれます。

 

 

まず抜群の繋がりやすさ。

 

 

かつてFOMAを導入した時に、
長時間の通信不良という苦渋を舐めました。

 

 

その経験を活かして、建物内や障害物の陰に入っても
通信が途切れることがない周波数を使用しています。

 

 

そうすることで、他社と比べても抜群の繋がりやすさと安定性を
実現しているのです。

 

 

それから、ドコモと言えばエリアの広さです。

 

 

auやソフトバンクは、通信エリアを広げてはいるものの、都市部から
離れた地方いわゆる田舎ではいまだに繋がらないところもあります。

 

 

ところがドコモは、全国津々浦々ほぼどこでも繋がるほど、
エリアの広さに関しては一日の長があるんです。

 

 

通信速度に関しても、これまではWIMAXに遅れを取っていました。

 

 

しかし、新たな通信規格を導入し、最大通信速度のカタログ値では
WIMAXを上回っています。

 

 

このように
 ・繋がりやすさ
 ・通信エリア
 ・通信速度
どれを取ってもドコモのポケットwifiは他社よりも優れています。

 

 

やはり電電公社の流れを汲む老舗の看板は伊達じゃないんですね。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら